×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

花粉症対策にリボーンテラピー

リボーンテラピーとプラスイオンの及ぼす悪影響を理解


るるぶトラベルで格安プラン検索

<内容>
質問)花粉症で困っている方はいませんか?リボーンテラピーという言葉をきいたことはありませんか?

○花粉の時期になってきました。花粉症で苦しんでいる方は何か対策を考えていらっしゃいますか?
相変わらずロボーンテラピーが注目されています。

リボーンテラピー(Re・born.therapie)とは・・・
マイナスイオンを大量に発生させ、細胞を活性化させる空気清浄機などを使用すること。また、制菌・除菌効果に優れ、気になるペットやタバコ等の匂いの脱臭効果がある。花粉症対策にも有効。
とされています。

○マイナスイオンとは?
自然界では滝や森林の周囲、カミナリの後などに多く発生し、我々に爽やかさを感じさせてくれます。
また、老化防止や不眠の改善、血液浄化、疲労防止などにも効果があるといわれています。

と、ここまではだいたいの方は、ご存知だと思います。

<コねたPoint>
自然界には2種類のイオンがあることをご存知ですか?

○自然界に存在するイオンについて
イオンの種類にもプラスイオンとマイナスイオンがあります。当然、リボーンテラピーに関わるイオンはマイナスイオンです。

あまり知られていないプランイオンのもたらす影響
めまい、はきけ、動脈硬化、頭痛、肩こり、喘息、イライラ、不眠、アレルギー症、ガン、痴呆症、老化など・・・

○私たちは呼吸を通じて常に空気イオンを体内に取り入れていますが、イオンはもともと身体の中にも存在しており、空気イオンの変化は単に呼吸器系だけでなく身体全体に影響するそうです。

○つまり、体細胞の中でも、原子からマイナスの電子が飛び出して欠落すると原子がプラスの電荷を帯びて不安定な状態になり、プラスイオンになる・・・という現象が起こります。

これがいわゆる酸化です。

この状態で発生する活性酸素は病気の9割近くに関係するといわれており、環境や健康への関心が高まる中でマイナスイオンの抗酸化作用が注目されています。

<まとめ>
花粉症が心配、最近体調がなんとなく優れないという感じをおもちで、人口の密集する都会にお住まいの方は、リボーンテラピーを試してみてはいかがでしょうか?
花粉症もアレルギーも発症する前なら大丈夫です。イオンの変化が健康を左右します。


るるぶトラベルで格安プラン検索