×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妻のへそくり平均306万円

妻が夫に内証で持っている「へそくり」平均額を紹介


るるぶトラベルで格安プラン検索

<内容>
質問)あなたは「へそくり」をもっていますか?また、一般的にいくらあると思いますか?

○妻が夫に内証でもっている「へそくり」の平均額は306万円
こんな結果が生命保険会社の調査でわかりました。

○「将来への備え」や「自分の楽しみのために」と貯蓄に励む主婦の姿が想像できます。

○この調査について
全国の民間会社に勤めるサラリーマン世帯の主婦500人を対象に昨年12月、インターネットを使って「損保ジャパンDIY生命」が調査

<コねたPoint>
○奥様方に夫に内証の資金があるかどうかを尋ねたところ
「ある」→49%
資産額は「100万円〜200万円未満」が最多→10.4%
「50万円未満」→10.2%
「300万円〜500万円未満」→9.0%

○「ある」人のうち年代別平均
20歳代の平均→184万円
30歳代の平均→173万円
40歳代の平均→425万円
50歳代の平均→444万円
と年齢が上がるほど、へそくり額も増える結果となりました。

平均金額は306万円、最高額はなんと、3500万円だったそうです。

○資産を得た方法について
「結婚するときに持ってきた」→59.2%
「結婚後、働いてためた」→35.9%
「生活費を切り詰めてためた」→29.8%
ということです。

<まとめ>
へそくりの目的としては「いざという時の備え」(56件)がもっとも多く、「老後の備え」(35件)、「目的はないが持っていると安心」(31件)、「自分の小遣い」(28件)という状況で、皆さんの期待している「離婚に備える」という回答も9件あったそうです。(笑)

主婦たちのへそくりの目標金額は平均807万円で、今のへそくり額にはまだまだ満足していないようです。
(恐怖・・・)


るるぶトラベルで格安プラン検索