×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

80歳で自分の歯を20本持つ

80歳で自分の歯を20本以上持つ日本人の割合が初めて2割を超えたことを紹介


るるぶトラベルで格安プラン検索

<内容>
質問)
皆さんは毎日しっかり歯磨きをしていますか?自分の歯に自信がありますか?

今日は厚生労働省が行った国民の歯の実態調査から国民の歯について実態を紹介したいと思います。

国民の歯の実態調査は6年ごとに実施されており、今回は全国で1歳以上の4608人を対象に行ったそうです。

○結果
○20本以上歯を持つ人の割合→80〜84歳で21.1%(前回調査時13%)
75〜79歳で27.1%(前回調査時17.5%)
70〜74歳で42.3%(前回調査時31.9%)
であり、40歳以上の全年齢で増えたようです。

○1日の歯磨きの回数
2回磨く人→49.4%とほぼ半数
3日以上→21%に増加
1回だけの人→前回より約3ポイント減って25.8%

<コねたPoint>
○なぜ20本の歯が基準となるのか?
「20本は、入れ歯なしにほとんどの食べ物を食べられる目安となる本数」
なのだそうです。

これに関連した運動にこんな運動があります。
○日本歯科医師会が提唱する運動
8020「はち・まる・にい・まる」運動と読むそうで、高齢化社会の中、健全な食生活の礎となる歯の健康を守るため、1989年から始まっているようです。

<まとめ>
80歳で20本以上自分の歯を残せる人が増えた要因として、「8020運動の成果で虫歯と歯周病予防の意識が高まったことと、悪い歯を抜かずに残す保存治療が普及したため」と厚生労働省は分析しています。

歯も立派な財産です。仕事が忙しくストレスもたまりがちの世の中ですが、食後は休憩がてら歯磨きをして立派な歯を残せて生涯暮らしていけるよう若いうちから努力していきましょう。

歯磨き粉はなくなったら買えますが、歯はなくなったら終わりです・・・


シンクタンクの万馬券情報!