×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブランドもオンライン時代

ネットでの高額取引に抵抗がない消費者層の存在を物語る


シンクタンクの万馬券情報!

<内容>
今日は最近の海外ブランドのインターネットへの取り組みについてお話したいと思います。
質問)皆さんはブランドをネットで購入した事がありますか?
 
最近、フランスの高級ブランド「ルイ・ヴィトン」がオンラインショッピングを始めることが明らかになったのをきっかけに、ブランド企業が相次いでネット販売に乗り出しています。

これは、販売ルートとしてインターネットが無視できなくなってきたからです。
ネットはブランドイメージを左右する媒体としても重要度を増しており、ネット上に「高級ブランド街」が出来る可能性も出てきました。

話題資料「海外ブランドのインターネットへの取り組み一覧」→パソコンサイトから見れます。

<コねたPoint>
○米宝飾ブランド「ティファニー」のオンラインショップが昨年の11月にオープン
顧客は商品をクリックしてクレジットカードなどで決済すれば購入できます。なかには100万円近い商品を購入する客も少なくないそうです。

○ブランド企業がネット販売に参入する理由
1 店舗が無い地域での顧客の新規開拓
2 24時間どこからでも購入可能にすることによる顧客の利便性向上
3 ネット上でブランドイメージの管理・向上の必要性を強調できる。

<まとめ>
しかし、問題点もあります。
現在、ネット上で多くの並行輸入業者らが同社のブランド品を販売し、中には同社に成りすます業者もいるため、公式サイトでネット販売の際も店舗と同等のサービスを提供し、こうした業者らと差別化する必要があるようです。


シンクタンクの万馬券情報!