×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「夢の技術」開発行程表

どんな夢も「描くこと」から始まる


るるぶトラベルで格安プラン検索

<内容>
今日は将来現実となる!?予定!?の夢の技術についてお話したいと思います。
質問)皆さんはこれからどんな「技術」が生まれていくと思いますか?

経済産業省は2030年までに、暮らし関連の技術を「夢」から「現実の技術」に大きく進歩させるため、「人間生活技術戦略ロードマップ(行程表)」をまとめました。

これは居眠り運転防止車の普及や、団塊の世代が80歳になっても介護なしで生活できるようにする技術を目指す。ものだそうです。

現実になるかどうか本当に絵に描いたような話ですが、否定することなく、まず絵に描くことからチャレンジは始まると思います。

<コねたPoint>
描かれた「夢の技術」の具体例を4つ紹介します。
「居眠り運転」を防止する自動車
技術)運転者の瞳孔の動き、発汗、脈拍などを監視し集中力の低下などを知らせる技術。
行程表)
2010年ごろまでに集中力の低下による事故を防ぐ。
2020年ごろには光や冷気でドライバーの目を覚ます技術を開発、居眠り運転の根絶を図る。
自宅にいながらオーダーメードの服、靴などを注文
三次元で体の寸法を測定するカメラ、肌触りなどがわかる仮想現実の技術

住人を見守る「家」
技術)行動パターンの違いなどから体調の変化を察知する技術

性別、年齢などに束縛されない仕事環境の実現
技術)作業に必要な筋力などを補助し、ロボットに代替させる技術

この他、2030年までに、思考力、記憶力などが衰えていくメカニズムを解明し、「若返り技術」を開発。ストレスなども計測できるようにして、例えば腕時計のような「ストレス計」の普及なども図るそうです。

<まとめ>
なんでも、新しい技術を生みだすとき、困難を乗り越えるとき、否定的になったり、あきらめそうになったりするものです。

信じることから物事は始まります。
将来に向けて自分が成功した姿を常に思い浮かべながらポジティブに生きていきましょう。


シンクタンクの万馬券情報!