×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

男性の家事、急増中!

家事をする男性(特に60代)の増加傾向を紹介


るるぶトラベルで格安プラン検索

<内容>
今日は男性の家事についてお話したいと思います。
質問)皆さんのご家庭では、家事は、どのように、誰が、していますか?

○最近、家事をする50、60代の男性が増加傾向にあるようです。
→国民生活時間調査(NHK放送文化研究所)

○成人男性の時間の使い方。参考までに・・・
1 一日のテレビ視聴時間
国民平均3時間39分→1985年以来横ばい傾向
70歳以上では平日でも→男性5時間22分、女性5時間29分に上りました。
しかし、
20歳男性でテレビを見る人の割合→平日79%、土曜77%、日曜74%
といずれも8割を下回りました。

2 仕事を持つ人の労働時間
1日に10時間を超える長時間労働をしている人→22%
平日の早朝や深夜に仕事をしている人が全体的に増え、労働形態の多様化、もしくは副業化が裏付けられました。

<コねたPoint>
ところで、本題の家事に費やす時間ですが・・・
○家事時間の特徴
1985年以来、一貫して増加傾向にある。
現在→平日46分(前回2000年調査では36分)
土曜1時間12分(前回2000年調査では1時間1分)
日曜1時間35分(前回2000年調査では1時間21分)
といずれも増加しました。

特に60代男性では平日に家事を行う人が前回の38%→50%に激増
50代でも19%→27%に増えました。

<まとめ>
この調査から男性も家事をする傾向が本当に強くなっていることがわかります。また、若い世代ではインターネットの普及からか一日が忙しくなったらしく、テレビを見る時間も減っています。
一日はどんな人にも24時間です。沢山やりたいことを詰め込みすぎるのも考えものですね。「休憩も作業のひとつ・・・」と考える心のゆとりをもちつつ、毎日を有意義に過ごしましょう。
ちなみに、この国民生活時間調査は5年ごとに実施されているようです。5年後にはどういった結果になっているのか楽しみですね。1日が26時間ぐらいになっていたりして・・・(笑)


シンクタンクの万馬券情報!