×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供と過ごす時間を国際的に比較

日本は育児が母親任せだが悩む父親も増えていることを紹介


るるぶトラベルで格安プラン検索

<内容>
質問)あなたは平日に何時間、子供と一緒に過ごしていますか?

日本の父親は諸外国に比べ、子育てを母親まかせにする傾向の強いことがわかりました。

平日に子供と一緒に過ごす時間→平均3.1時間
日本、韓国、タイ、アメリカ、フランス、スウェーデンの6カ国、12歳までの子供を持つ各国の約1000人を対象に実施
「国立女性教育会館の家庭教育に関する国際比較調査」から

子供と接する時間が短いことに悩む父親→約4割
忙しい中で本当は子育てに参加したいという父親が増えている。

<コねたPoint>
話題資料「平日子供と一緒に過ごす時間」→パソコンサイトから見れます。

○一番短かった国→韓国2.8時間
一番多い国→タイ
日本→タイの約半分

母親が子供と過ごす時間の1位→日本

父親との差は4.5時間と6カ国中最大。

このあたりに夫婦の子育てに関する温度差があるようです。

○その他
家事や育児の父親の参加状況「食事の世話をする」→10.1%で6カ国中最低

<まとめ>
○「出産・育児のために仕事を休んだ経験がある」と答えた父親は45.4%と比較的高かったようですが、1週間を超える休暇をとったのはその1/3程度だそうです。
家庭に気持ちを示す程度の休みのようです。

○1週間を超える休暇をとった人が40%を超えたアメリカ、フランス、94.2%に達したスウェーデンは驚異的だといえますが、やがて日本もそういうことが当たり前になるでしょうか?


シンクタンクの万馬券情報!