×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

きちんと野菜とってますか?

健康維持のための野菜パワーの理解


るるぶトラベルで格安プラン検索

<内容>
今日は「健康に必要な野菜」についてお話します。
「現代の日本人は野菜不足だ」と言われています。

○質 問
「あなたは毎日きちんと野菜をとっていますか?」
と聞かれて
「とってます!」と言える人はあまりいないです。

○厚生労働省の調べ
特に20歳代から中高年層までの働く世代の野菜不足が深刻です。」
また、子供が野菜嫌いです。

ということで、総じて現代人は野菜不足です。

○1日に摂取する野菜量の基準
厚生労働省発表→350グラム(1日30品目の野菜)
現代人の平均→280グラム
不足は70グラムで約20%に相当するそうです。
約70%の日本人が「不足している」と自覚しています。

<コねたPoint>
○なぜ野菜不足になるのか?
1 食生活の変化
煮物などの和食→ハンバーガーやステーキなどの欧米食に変化
2 朝食を抜く
特に働く若者に多い。
3 外食に頼る。頼らざるを得ない。

○野菜の力のほんの一部
1 ビタミン
これは人の体内で作り出すことはできません。しかし、3大栄養素(糖質、資質、たんぱく質)を調整するものです。
2 食物繊維
美容に大切です。お通じもよくなります。
  
<まとめ>
日本人が野菜を食べて健康かつ長生きするのは、祖先が「農耕民族」であるからだとも考えられます。古代から炭水化物中心の食生活を続けており、体もそのように進化してきています。
対して欧米人の祖先は「狩猟民族」です。肉が主食でたんぱく質中心の食生活を続けてきており、当然、体もそのように狩猟を可能にすべく大きく進化してきています。

近年、日本人の食も肉類が増え欧米化していますが、日本人が動物性脂肪を多量に摂取すると、たちどころに体の調子が狂います。

体の調子を整えるためにも野菜をしっかりとりましょう。


シンクタンクの万馬券情報!