×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

元気になる大人と子供の運動能力の低下・・・

子供にスポーツを!(提案)


るるぶトラベルで格安プラン検索

<内容>
今日は「子供の運動能力の低下」についてお話します。

○現状
子供の体力や運動能力が長期低落傾向にあります。
子供は大人の「被害者!?」と指摘する人もいるぐらいです。
体育の日に恒例の「体力・運動能力調査」の結果が公表されました。 

1 20歳以上の成人の体力・運動能力
長期的には「緩やかな向上傾向か、横ばい傾向」
30年前と比べ、敏捷性を図る「反復横とび」で向上
「握力」女性は横ばいだが男性は緩やかな向上

2 子供たち
50m走、立ち幅跳び、ソフトボール投げ、握力などは1980年代半ばをピークに低下。
特に立ち幅跳びでは、ここ20年で記録が平均10センチ以上も落ちて男女とも過去最低

<コねたPoint>
1 20歳以上の成人の体力・運動能力向上の背景
→「健康のために運動する」ことの大切さが中高年に理解され始め、週休二日も定着し、余暇を利用するなど実際に体を動かすようになった。

2 子供たちの運動能力低下の背景
→生まれたときから車に乗せてもらう生活
→体を動かす遊びが徐々に減っている

<まとめ>
以上のように大人が元気になる一方、子供が不健康になっている気がします。「子供は大人の被害者」など言われることのないよう、子供たちをのびのび体を動かせるところへ連れて行ってあげましょう!


シンクタンクの万馬券情報!